海外通販の顛末

DSC_0019

 ボクもう疲れたよ・・・

 装備の軽量化をするに当たって、候補に挙がっていたレインウェアの刷新。そんな折、目を付けていたMONTANEのSPEKTR SMOCKがcampsaver.comで50%オフだったので即購入しちゃました。campsaverでは商品によっては日本へ直送してくれるのですが、あいにくMONTANEは不可とのことだったので、いつものようにスピアネットという転送サービスを利用。「良い買い物ができた」とホクホクしてたのですが、これが長い戦いの幕開けになるとは、このときは思いもよらなかったのです。

  • 6月20日

    campsaver.comで該当商品を購入。支払はPayPal。余談だけどPayPalはショップとワンクッション置けるのでクレジットカードを直接使用したくない場合は便利です。

  • 6月21日
    campsaver.comから発送通知メールが届く(USPS

  • 6月22日
    USPS Trackingによるとこの日にスピアネットのオレゴン州ポートランドの受取センターに届いたもよう。なお、土日は登山に行ってたので、これを知ったのは23日(月)

  • 6月23日~6月26日
    スピアネットの個人管理画面では、指定された受取センターに荷物が届くと「到着済み」というステータスになるのだけど、一向に変わらない。遅いという噂は良く聞いてたので、のんびり構えてた。

  • 6月27日
    ステータスが一向に変わらないので、さすがにちょっと遅いと感じメールで「荷物が届いているのか否か」と確認する。仮に荷物が届いてないのなら、購入先にも問い合わせないといけないからね。

  • 6月28日
    スピアネットから返信あり。曰く、手違いでカリフォルニアの関係会社への荷物に紛れてしまったとのこと。??? よくわからんけど、取り敢えず荷物は届いているらしい。CAの受取センター(スピアネットはORとCAに受取センターがある)から直接送ってくれるとのこと。「荷物が届いているようで安心した直接送ってくれ。必要な手続があったら言ってね」と返信。

  • 7月5日
    待てど暮らせど一向にステータスは変化せず。痺れを切らして進捗状況の確認メールを再度送る。

  • 7月6日
    スピアネットから返信あり。担当者不在の為詳細は分からないので7月8日に再度連絡するとのこと。なんじゃそりゃー。

  • 7月9日
    8日に連絡が無かったので「もう待てません。今週中に発送して下さい」と強い口調でメール。

  • 7月10日
    こちらからの確認事項について、担当者多忙のためつかまらないので分かりかねるとのこと。どういうこっちゃ。不信感募る。

  • 7月13日
    ようやくカリフォルニア関連会社から発送されたらしい。7月15日に届き次第EMSで発送するとのこと。

  • 7月15日~18日
    15日、予定通りCAの受取センターから発送。16日にEMSのトラッキングナンバーの通知メールが届く。まだ安心出来ない。18日に最寄りの郵便局に到着、この日に配達されたようだけど受け取れず。

  • 7月19日
    郵便局にて直接受け取り。長かった。。。 

 結局1ヶ月近くかかったわけです。送料は無料にしてくれたので、トータルでは破格の値段で買えたわけですが、正直もっと早く手元に欲しかった・・・(この期間の2回の山行で雨に降られました)。通常はこんなことないと思いますが、こういうケースもありますので、商品がすぐ欲しい人には向かないかもしれません。

 また、今回はどこで荷物が止まってるかすぐ判明し、かつスピアネットも日本語で丁寧に対応してくれたのでまだやりやすかったですが、これが荷物の所在がわからなかったり、購入元で問題があったりすると英語でのやり取りをしなくてはならず、余計に心労が増えると思います。

 うまく行くときはほんとスムーズにいくのですが、一度トラブルになるとなかなか厄介ですね。